海外にそのまま持ち出せる『どんなときもWiFi』で海外旅行時もフェイスブックやTwitter、インスタなどインターネットの心配無し!

スポンサーリンク




今回は海外旅行時にフェイスブックやTwitter、インスタなどインターネット環境をどうやって整えるか?という点について便利な商品を紹介します。

少数派ですが『インターネット利用しない』という方もいます。

スマートフォンが日々の生活の一部になっている今、旅行中インターネットが使えない生活は厳しいですね。

一般的に海外旅行時のインターネット利用は下記の方法が考えられます。

1.ホテルのWi-Fi

2.Wi-Fiレンタル

3.空港のWi-Fi

4.携帯会社が提供している定額制サービス

海外はホテルや空港のフリーWi-Fiが非常に充実しており、うまく使いこなしインターネット環境を手に入れている方も多いです。

しかしながら、初めて行く国や地域の場合なかなかそうもいきません。

そこで今回紹介するのは、海外にそのまま持ち出せる『どんなときもWiFi』です。

今までのWi-Fiレンタルと異なり、本体を借りて帰国後に返却など手間がかからないWiFiです。

日本国内はデータ容量無制限のWiFiとして使い、海外旅行時もそのまま海外に持ち出せる便利なWiFiです。

これから海外旅行を予定している方、頻繁に海外に行かれる方は『どんなときもWiFi』を検討してみてください。

『どんなときもWiFi』の特徴を紹介!最大の特徴は世界107カ国に対応!海外での利用も手続き不要で簡単設定のみでそのまま持ち出せる!

海外でwifiルーター(インターネット)を使う場合、機種をレンタルが一般的です。

レンタルの場合は、旅行日程に合わせ事前に借りる手続きや返却など手間がかかります。

しかも、レンタルの機種は持ち出す国により異なる場合があり、都度使い方を覚える必要があります。

どんなときもwifi他社比較

また、普段wifiルーターを使っている方は難しくはない設定ですが、不慣れな方には難しい場合も少なくありません。

そんな問題を解決したのが『どんなときもWiFi』です。

『どんなときもWiFi』は、手続き不要で日本国内でwifiルーターとして使っていた機種をそのまま持ち出せます。

どんなときもWiFiは世界107ヵ国に対応しており、日本はもちろん世界中で利用可能です。

【公式】どんなときもWiFiはこちら!

どんなときもwifi

『どんなときもWiFi』の申込み方法はWEBフォームから24時間申込可能です。料金の支払い方法はクレジットカードまたは口座振替が利用可能です。

どんなときもWiFiの申込みはWEBフォームで24時間受付しています。

しかも申込後の端末到着は、

【関東エリア】1日後

【東北・北陸・東海・関西・四国・中国エリア】2日後

【北海道・九州・沖縄エリア】3日後

※クレジットカード申し込みの場合です。(口座振替は本人確認の手続きがあり、本人確認が終わってから発送です。)

どんなときもWiFi毎月の料金の支払いはクレジットカードまたは口座振替が選べます。

利用可能なクレジットカードはJCB、VISA、Master、AMEX、DINERSとなります。

日本国内での利用時の月額料金

※1国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

※2「データ放題プラン(クレジットカード払いの方のみが対象)にお申込み頂いた場合の料金

※3海外利用時は別途料金が発生致します。

料金プランは、非常にシンプルです。

日本国内利用時【どんなときもWiFi】データ放題プラン

契約期間:1ヶ月~24ヶ月目 月額:3,480円(税抜)/3,758円(税込)

プランは一つしかないので、いろいろ比較検討する時間も不要なので5分程度で申込が可能です。

どんなときもwifi申込フォーム

ただ契約上の注意点は、2年契約となることです。

契約期間は2年毎の自動更新となり、初回は25ヶ月目が更新月になります。

更新月以外の途中解約の場合別途解約手数料が発生します。

【解約手数料】

0〜12ヶ月:19,000円(税抜)
13〜24ヶ月:14,000円(税抜)
25ヶ月目:0円

↓特にこれは注意です。2年経過後も更新月に解約しない限り解約手数料が発生します。
26ヶ月〜:9,500円(税抜)

『どんなときもWiFi』の海外利用時の料金は2種類!エリアによって1日あたり1,280円(非課税)と1,880円(非課税)です。レンタルと料金比較あり!

そのまま海外に持ち出せる『どんなときもWiFi』の海外利用時の料金です。

いずれのエリアも機種を交換したり、追加オプションを支払ったりすることなく簡単な設定でそのまま使えます。

しかも、海外利用時の盗難紛失時の補償も追加料金なしでコミコミです。

ここでレンタルの場合と『どんなときもWiFi』の料金を比較してみます。

旅行先はハワイと仮定し料金比較します。

※どんなときもWiFiの日本国内利用料金は除き、今回は海外利用時の料金に限定し比較します。

レンタルA社

受渡手数料 500円・・・宅配、空港での受取、返却にかかる手数料

料金 1,880円/日

通信量 1GB/日※回線が停止したり速度が低下する可能性あり。

海外利用時の盗難紛失補償 300円/日

合計 2,680円/日

どんなときもWiFi

受渡手数料 0円・・・普段使っている機種を持ち出すので0円

料金 1,280円/日

通信量 1GB/日※速度制限後は下り最大384Kbpsであれば無制限

海外利用時の盗難紛失補償 0円/日

合計 1,280円/日

海外利用時の料金に限ってはどんなときもWiFiの圧勝です。

さらにどんなときもWiFiは、使った日の分だけ請求がかかりますので未使用の日は請求されません。

要するに海外で電源をOFFにして通信をしなかった場合は利用日数にはカウントされないという事です。

【公式】どんなときもWiFi

どんなときもwifi