Ctripが運営のTrip.comは中国・台湾・東南アジアのホテル予約に強い!

本記事は2018年1月に運営が開始されたTrip.com(トリップ・トリップドットコム・トリップコム)の紹介です。

Trip.comの運営会社は、オンライン旅行会社Ctripです。

Ctripは中国・上海市に本拠地を置く大手企業です。

事業拠点は中国・日本・韓国・シンガポールにあり10のウェブサイト・アプリを運営しています。

中国・台湾・東南アジアの取り扱いの件数も多く、料金も他のサイトより安い場合が多いCtripは大活躍するサイトです。

Trip.comはCtripの新ブランドとして紹介されていますから、継続的に使いたい人はCtripではなくTrip.comを使うと良いでしょう。

Trip.comの特徴は?・・・中国のホテル予約に強いこと

ホテル予約サイトでは、『本拠地が置かれている国・エリアのホテル予約に強い』という傾向があります。

今回紹介するTrip.com(Ctrip)は、中国に拠点がありますから中国旅行時のホテル予約に強みがあるといえます。

ネット上の口コミを見ても、

・中国旅行するならCtripは外せない

・ホテル予約以外も中国の列車の予約もできて便利

・他のホテル予約サイトよりCtripで予約したホテルが最安だった

など、中国旅行の際に使ったユーザーから高評価です。

ホテル予約サイトの取り扱い件数は多い方が、希望のホテルを見つけられる可能性が高まるので非常に重要な要素です。

サイトごとにどの国・エリアに強いサイトなのかを把握することで、情報収集の時間を短縮することができます。

【Trip.com(Ctrip)で出来ること】

Trip.com(Ctrip)では、下記の予約が可能です。

・フライト検索(航空券予約)

片道・往復・オープンジョーを指定して検索が可能です。

※オープンジョーとは?

シングルオープンジョーとダブルオープンジョーの2種類あります。

シングルオープンジョー:往路と復路の発着地のうち、いずれか片方が別地点となる航空券のこと

ダブルオープンジョー:往路と復路の発着地が、双方とも異なる航空券のこと

・ホテル検索(ホテル予約)

希望条件を入力しホテル検索が可能です。

事前決済や現地決済、希望のホテルの条件設定も行えます。

また、Trip.comに投稿された口コミとトリップアドバイザーに投稿された口コミも併せて確認できます。

・列車検索(列車予約)

高速鉄道の予約も可能です。

予約した切符に関しては、中国国内に配送するか、中国国内の鉄道駅または販売代理所で引き取ります。

中国、イギリス、韓国の鉄道予約が可能です。

・レンタカー(レンタカー予約)

世界6,000都市のレンタカー予約が可能です。

ホテル予約以外では中国国内の列車予約が非常に便利な機能です。

早速サイトを見てみる人はこちら!⇒アジア圏のホテル予約はTrip.com

Trip.comは安全に使える?評判は?

ネットでホテル予約をする上で一番気になるのはサイトのセキュリティーです。

Trip.comは安全に使えるサイトなのかリサーチしました。

公式サイト上では『安全な決済 安心・便利な予約決済システムでお客様の情報を管理』と表記があるだけでこれだけで安心・安全かは不明です。

サイトのコンテンツもこれから拡充されると思いますが、他のホテル予約サイトに比べるとカスタマーサポート関連のコンテンツ不足は否めません。

念のため、運営元のCtripの公式ページもリサーチしました。

お客様の個人情報のセキュリティは信頼できる国際的なサービス事業者・ベリサイン社により保護され、安全性を保証されています。

シートリップは、SSL(Secure Socket Layer)暗号化技術に対応しているブラウザーのみ、クレジットカードの個人情報の送信を受付けております。クレジットカード情報を入力後、SSLによって暗号化され送信されますので、あらゆる情報の漏洩を防げます。当社のセキュリティで保護されたサーバーに受信された後は、インターネットを通じてクレジットカード情報が再度送信されることはありません。

SSLによる安全な接続と信頼できる電子商取引技術は、オンラインでカード情報を送信される多くのシートリップユーザを守ります。

引用:Ctripヘルプ 

運営元が一緒なので、Trip.comも同等のセキュリティー対策がなされていると考えてよいでしょう。

他のホテル予約サイトと同等のセキュリティーレベルと考えて良いでしょう。

続いてネット上での評判をリサーチしました。

2018年8月現在、トリップアドバイザーへの書き込みは削除されています。

トリップアドバイザーにこんな書き込みがありました。

こんな最悪な対応ははじめてでした。このサイト、Trip.comは情報を盗んでいます。このサイトで予約するのはトラブルの元なので辞めた方が良いと思います。私は2度とTrip.comを使いません。

引用:トリップアドバイザーHP

この口コミを要約すると、予約時に表記されていたホテルの設備と実際の設備が違っていた。というのが一番のトラブルです。

しかも予約時の条件と異なる為キャンセルを申し入れたが、キャンセル料が発生するという2次トラブルも発生したのが問題です。

また、ホテルオーナーが「Trip.comに情報が盗まれている」と言っていたということが口コミに記載されています。

この口コミは勘違い・虚偽の可能性がありTrip.comには全く非はないと思われます。

このように口コミを参考にする場合には、しっかり内容を確認してください。

どんなホテル予約サイトにも良い口コミ、悪い口コミはあります。

良い口コミばかりのサイトも怪しいですし、悪い口コミしかないサイトは使いたくないですよね。

口コミはあくまで個人の見解ですから、参考程度に見るのがいいでしょう。

悪い口コミは事例として把握しておくことによって、自分が予約する時に気を付けるポイントになるので、個人的には有益な情報だと思います。

Trip.comは、ホテル予約サイトとして標準的なセキュリティー対策を講じており、実際の利用者の評判も良いです。

特に中国国内のホテル掲載数、価格には非常に評価が高いサイトとなっています。

中国への旅行を検討している方は、一度ホテル検索してみてはいかがでしょうか。

早速検索してみる人はこちら!⇒【公式】Trip.com

料金支払い方法・予約変更方法・キャンセル方法は?

続いて、Trip.comの料金支払い・予約変更・キャンセルの方法について紹介します。

どのホテル予約サイトでよくある質問などで紹介されている項目です。

Trip.comの料金支払い方法は?

Trip.com料金の支払い方法は、『事前支払い』と『ホテル現地払い』が選べます。

『事前支払い』

クレジットカード決済で料金支払います。

予約確定と同時に支払いが実行されます。

なお、支払いに使用する通貨は日本円となります。

『ホテル現地払い』

料金の支払いは現地のホテルで行います。

この場合、支払いに使用する通貨は現地通貨となります。

※中国のホテルなら中国元・日本のホテルなら日本円となります。

さらに、検索結果のホテルのご利用条件に『クレジットカード不要』と表記がある場合、

クレジットカード不要で予約が出来ます。

※『クレジットカード不要』が無い場合は、ホテル現地支払いでもクレジットカード情報が必要になります。

【Trip.com検索結果画面・イメージ】

trip.comホテル詳細画面の画像

※ご利用条件に支払い方法が記載されています。

Trip.comの各画面はシンプルで見やすく、表記もわかりやすいサイトです。

国内ホテル・海外ホテルいずれの検索は、シンプルな入力で完了できます。

高級ホテルから1泊500円の宿まで色々な宿泊施設の予約が可能です。

早速検索してみる人はこちら!⇒【公式】Trip.com

Trip.comの予約変更の方法は?

予約変更には、まず画面右上のアカウントからログインします。

trip.comTOP画像""

ログインすると予約履歴を確認できます。

予約履歴の中から、変更したい予約番号をクリックして詳細画面を開きます。

変更は期日の前までに手続きする必要があります。

この期日を過ぎるとオンラインにて変更出来なくなりカスタマーサービス対応となってしまいます。

※ホテルが定めた期日を過ぎてからの変更:手数料が発生します。

Trip.comのキャンセル方法は?

キャンセルの方法については、途中までは予約の変更手順と同じです。

キャンセル料に関しては、ホテル予約時にメールで届いている予約確認書を確認する必要があります。

※無料キャンセルが可能な客室には、「キャンセル無料」と表示されています。

公式ページはこちら!⇒【公式】Trip.com

今回は、2018年1月に運営が開始されたTrip.comについて紹介しました。

中国国内のホテル予約に強みを持つサイトでした。

中国国内1泊500円の宿泊施設の予約から日本のホテル予約まで幅広く使えるサイトです。

中国、東南アジア圏への旅行を検討している人はチェックしてみてください。